女性

ホテヘル嬢の楽しい毎日

私は現在、大阪府の梅田と言う所にある激安店のホテヘル店に在籍しながらホテヘル嬢として働いている女性です。 私はホテヘル嬢になる前は貿易会社の事務員として7年間働いていたのですが、彼氏も出来ず結婚も出来ず、ただひたすら貿易会社でこつこつと事務作業を続ける毎日に嫌気が差し、貿易会社の事務員の仕事を辞めてホテヘル嬢として働く事を決意したのです。 風俗嬢の中でも特に私がホテヘル嬢になる事にこだわりがあった理由としては、私がまだ若い時にホテヘル嬢の女の子達が大阪の街をきらびやかな服装で歩いている姿を日常的に見ていたからでした。 きらきらしたかっこいいスーツに身を包んだホテヘル嬢の女の子達は私の貿易会社の事務員の仕事とは正反対の場所で働いているあこがれの存在だったのです。 「あんな風に自分も思いっきり派手なファッションに身を包んで男の人を悦ばせる仕事をしてみたい」そう思った事が私がホテヘル嬢を目指すきっかけになったのでした。 そして私は現在、念願かなって梅田の激安店のホテヘル店に入店し、ホテヘル嬢として毎日楽しく働かせてもらっています。 ホテヘル嬢の仕事内容は私が思っていたよりも全然気楽で、お客さんとのプレイを毎日楽しむ事が出来ています。

期待してなかったら意外に

期待してなかったら意外に

ホテヘルの利用した時のことだったが、やってきた嬢はパネルで見た写真とは大違いでスタイルもスレンダーというよりはガリガリで魅力に欠けるものだった。 これは久しぶりのハズレだなと思っていたのだが、話してみると意外に陽気な感じで雰囲気だけは悪くなかった。 相手にやる気があるのであれば、まだ救いもあるかと感じてくるといきなり股間に手を伸ばして、刺激をしてくれたのだ。 予想外のことに驚いたが、この手つきがなかなかいやらしくすぐにあそこが、大きくなってしまった。 するとそのままズボンをおろされ、口にく…

ホテヘルにはまった理由

ホテヘルにはまった理由

私は学生のころに、箱型ヘルス店に行って、初めて風俗を知りました。 それからも同じ店に何度か通いました。 次に、コスプレの店にはまって、何度か体験しました。 その後に、風俗街にある紹介所のようなところにいくと、そこはホテヘルの受付所で、たくさんの風俗嬢の写真が壁に貼ってありました。 壁の一面に本日出勤嬢が貼っていたので、見ていると、受付の男性から声をかけられました。 どんな子をお探しですか、とかなり丁寧な接客でした。 私は自分の好みを伝えると、じゃあお勧めはこの子ですねと1人の女性を指指しま…

ホテヘル嬢のダイエット方法

ホテヘル嬢のダイエット方法

私は現在、大阪の梅田と言う所にある高級店のホテヘル店に在籍しながらホテヘル嬢として働いている女の子です。 ホテヘル嬢として働く前は海外でツアーコンダクターとして働いていたのですが、外国人男性とのセックスばかりを10年以上してきて少し飽きてきてしまったので、久しぶりに日本人男性とのセックスがしたくなり、日本に帰ってきて日本人の彼氏を作ってセックス三昧の日々を送っています。 私は学生時代からエッチに興味があった位のエッチ大好きな女の子なので、彼氏とのセックスでは満足出来ず、仕事としてもセッ…

ホテヘルはある意味ラクな理由とは?

「ホテヘルはある意味ラクだわ〜」とは私の友達の風俗嬢の言葉ですが、私もちょっと同感する部分はありますね。デリヘルで、汚い感じのラブホテルに当たってしまったときは、「ホテヘルってやっぱり良いわー」と思いますもの。 ホテヘルの場合ですと、あらかじめお店側が指定のラブホテルをおさえておいてくれますので、変な場所に当たることなく、気持ちの上でもらくなのですよね。それに、ビデオカメラが仕込まれていることもないでしょうから。とは言え、ウワサ話程度でしか聞いたことはありませんが。 やっぱりデリヘルですと、自宅を指定されることもあるわけで、その際にハメ取り目的でビデオカメラがどこかに仕込まれているとか聞きますから。そして、本番を執拗に強要してきて、しぶしぶ女の子が応じると、今度は「デリヘル店側に本番したったバラすぞー」とおどされて…とは、実際に被害にあったおんなは知りませんけれど、そのような話は確かに聞いたことがありますから。 ある意味、もしかすると都市伝説かも知れませんが、けれども実際に回っている話ですから、ないとも言い切れないわけで…。と、考えて行くと、やっぱり「ホテヘルはある意味ラクだわ〜」ともなるわけです。女の子側からすれば。